今回のご紹介は、底抜けに明るい性格で、誰からも好かれる楽しいキャラクターの持ち主、愛車マジェスティで毎日街中を走り抜ける元気なレディス・バイカー、Keiさんでございます。

2008年7月に免許をゲットし、色々と悩んだ末に選んだバイクが現在の愛車、マジェスティです。

Keiさん 

「他メーカーのスクーターも色々と見たり検討しましたが、やっぱり私の気持ちの中では一番、マジェスティに惹かれました。もうそれからは他メーカーのモノには全く興味は無くなりました。まだ免許も取っていないのに、先にマジェスティを契約して納車日まで決めちゃったんです(笑)」

確かに教習所に通っている時のKeiさんは、異常とも言える程のテンションの高さでした。ほぼ毎日の様にYSP杉並南にご来店、展示されているマジェスティと睨めっこをして帰って行くという日々が続くのでした。そして教習所を2週間という最短期間で卒業。

 

 

 

 

「とれたよー!」

 

 

 

 

 

溢れんばかりの笑顔でご来店、本当におめでとうございました。あの時の喜びの笑顔は忘れられません。

という事で即納車、早く仕込んでおいて良かったですね。

あっという間に納車からの日々は過ぎ、ここ最近はバイクにもかなり慣れた感じです。

 

マジェスティの魅力をKeiさんに語って頂きました。

「色々なバイクに乗ったことが無いの、で詳しくはわからないけど、特に最近感じるのは、アシストモード (NEWマジェスティはアシスト機能が付いており、アシストをONにした状態でアクセルを開けると高回転域で繋がる為、更に力強い加速感が得られる。オートマ乗用車のキックダウン機構に似ている) を使っての追い越しが、非常に楽だという事です。特にアシストモードとⅠ‐Sボタン (Ⅰ-Sボタンとは走行中アクセルを閉じた時に得るエンジンブレーキを、更に強くする為の機能。停止の為の減速時や、コーナー進入減速時などに大きな力を発揮する) を上手く使える様になったので、街乗りは本当に楽になりました。

あと一番助かってるのが荷物が大量に入る事。先日アウトレットに行った時結構な量の洋服を買っちゃって(マジェに入るかな?)と心配になったんですが、キッチリ収まって本当に嬉しかったです。シートが観音開きになるのも、すごく気に入ってます」

 

どんな時にマジェスティを利用するのかを教えて下さい。

「マジェスティが来てからは、とにかく電車バスに乗らなくなりました。こんなにバイクが便利なものだとは、思わなかったです。友達の家に遊びに行って夜遅くなっても帰りの心配は無いし、夜の一人歩きは危険だけどバイクに乗っていればある意味安全かもしれませんね(笑)。あと、余談ですがマジェスティに乗ってると、信号待ちとかで良く男性に声を掛けられるんです。オジサマは「気をつけてね」という感じなんですけど、若い人はモロにナンパです(大笑)「どっかいこーよー」とか良く言われるんですけど、困っちゃいますよね。他の女性ライダーさん達は如何ですか?・・・」

 

ホントに面白いKeiさんであります。語りはまだ続きます。

「あと、周りの友達もみんなバイクに乗っているので「ヨーシ今日は皆で奥多摩あたりまで走りに行こっか」て、皆でゾロゾロショート・ツーリングに行ったり。今日は築地に行って海鮮丼な気分!と思い付いたらもう、マジェスティに乗ってます。そんな自由な使い方も出来て、実用性のあるマジェスティが今、可愛くて仕方ありません。ずっと大切にしたいと思ってます。 倒してキズがいっぱい付いてますけど・・・

 

これからもマジェスティとYSP杉並南をどうぞ宜しくお願い致します。

 

CIMG0067.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマハバイクは 「ジェントルなスタッフでお出迎え」 ヤマハバイク専門店YSP杉並南でどうぞ!

Facebook