バイクのご用件は全て当店、YSP杉並南にお任せ頂いているT・Mさん(以下Tさん)は超ご多忙な毎日。

殆んどお休みの無い職場環境と激務の中、たまにできたお休み時に、ご来店して下さいます。

 

Tさん:「緊急な仕事が入ると私たちの仕事は、早朝も真夜中も関係ないですからね。先日は会社から連絡が入り、すっ飛んで会社に向かい、20分後には会社におりました」

Tさんのご自宅と会社の位置関係を知っている私は、ビックリです。お仕事に対しての責任感の強さというものが、いつもTさんから伝わって参ります。

ツーリングや遠出はあまりせず、普段の交通手段としてバイクをお使いのケースが圧倒的に多いご様子です。今度、ツーリングに是非ご一緒下さい!

最初にご購入頂いたバイクが、新車のグランドマジェスティ400。やはり、普段の足として使うにはスクーターが良いという事で、ビッグスクーターをご検討。しかし250ccと400ccと比べ、強いパワーにご興味を持ったTさんは400ccを選択。

無事に納車日を迎え、待ちに待ったバイクライフが始まりました!

Tさん:「店長、最高です!やっぱりバイクはいいですね、バイクにはまっちゃいそうです」

Tさんは満面の笑みであります

 

ここでチョット別のお話ですが、今回ご紹介のTさんは大のクルマ好きであります。歴代の車種をお聞きしましたが、中でもニッサンG35スカイラインのチューニング&カスタムはスゴイものがありました。

昔は頻繁に六甲山峠のコーナーを攻めに通う程の入れ込み様だったそうです。クルマの後輪をドリフト&スライドさせながらのコーナーリングのお話なんか聞いてますと正直、(ビッグスクーターで我慢ができるのかな?)と、心配してしまった次第です。

Tさん:「しかし、l私にとってバイクはクルマに比べますと、全くのド素人ですから、大人しくて、乗りやすくて、扱いやすいグランドマジェスティ400がすごく気に入っております」

 

しかし

 

心配していた事が現実になりつつ・・・そのような雰囲気になってきました。

2週間後・・・

 

当時YSP杉並南のガラス越しに赤のFZ-1がディスプレイされていました。Tさんはジーっとその車体を見つめておりました。

「店長ちょっといいですか」

私は近づき、Tさんは視線をFZ-1に釘付けながら。

「Gマジェ400って下取りしてもらったら、いくら位ですかね」

私は思わず心の中で、つぶやいてしまいました

 

(まさか・・・)と

 

そう、その ま・さ・か だったのであります。

 

やはりギア付きに乗りたい。マジェスティ400が悪い訳ではないが、オートバイでギアシフトを楽しみたいという、強い欲求が抑えられない・・・

Tさんは自分の中に眠る「乗り物」に対する本能を、完全に目覚めさせてしまったのです。

そうとなるとTさんの心の欲求は、爆進の一途を辿ります。

FZ-1を手に入れる・ギアシフトを心行くまで楽しむ・フューエルタンクをこれでもかという程に、太股でチカラいっぱい挟み込む。

Tさんの夢はどんどん膨らんで行きます。

 

僅かな日数ですが、グランドマジェスティ400との思い出も大切にしたい。とTさん。

新に迎えた“エモーショナル・ツーリング・スポーツ FZ1フェーザー”

ビッグスクーターとは全く対照的なこのマシンを、Tさんは今もこよなく愛している。

CIMG0682.JPG   

Facebook