乗ってきましたMT07・YZF-R25 Ⅲ

 


 

 

 

前回のMT07の試乗記に続き、次はYZF-R25。

昨年のモーターショーにて、最大の目玉と言っても過言ではない程の人気だった、このR25。様々なメディアにて様々な事が書かれ、期待に大きく胸を膨らませ、リリース&発売を心待ちにしている方が、大勢いるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

まずは跨って、足付きチェック。シートにしっかり腰を落とし、車体を起こすと「えっ?」と思うくらいメッチャ軽く、走り出しを大変に楽しみなものにしてくれます。ポジションはレーサーレプリカ独特のキッツイ前傾姿勢ではなく、シート高のわりにトップブリッジが高く、セパレートハンドルが丁度良い位置にあるので、ツーリングや街乗りも、これならOK!コンセプトが「毎日乗れるスーパーバイク」と、上手い事を言いますな~という感じであります。じゃあ、他のYZFシリーズは、毎日乗れないんですか?と、くだらない突っ込みはさておき、本編へ(笑)

セルを回し、軽く空吹かしをすると、エンジンが心地よくスムースに吹け上がり、元気にライダーを迎えてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

準備が整い、試乗がスタート。

試乗コース最初の直線で、最高出力を迎える12.000rpmまでスロットルを全開にしてみると、何のストレスもなく気持ちよく吹け上がります。また、回転数が上がれば上がるほど、エンジンサウンド&エキゾーストノートが過激さを増し、かなりレーシーなサウンドが試乗会場に轟いておりました。

 

ブレーキ性能、足回り、車体剛性も全く問題なく、ツーリングに街乗りにとシチュエーションを選ばない、まさに「毎日乗れるスーパーバイク」です。

 

リリースが本当に楽しみであります。

金額はいくら程なのか・・・

詳しい事が解りましたら、ブログにて報告いたします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマハバイク専門店YSP杉並南で、夢のバイクライフをスタート。全力でバックアップ致します

Facebook