SEROW250

CIMG0863.JPG

CIMG0865_1.JPG  イメージ 街乗りから林道まで、走る場所を選ばぬタフなキャラクター。
スタイル  オフ車でありながらコンパクトな車体、その為足付きは良好。
乗り味  走る・曲がる・止まる。基本を学べるベーシックなポジション。
ビギナーから上級者まで  バイク経験が豊富なライダーほど、SEROWへの評価は高く、しかもビギナーにも扱いやすい。

今まで、数限りなく販売されたヤマハバイクの中に、ロングセラー&ロングヒットとなったバイクも多数あれば、自然とフェイドアウトをして、知らぬ間に姿を消して行った車種も星の数ほど。

初代SEROW225の発売から数えると20年以上という、大変に長い歴史があり、様々なシーンに於いて多くのユーザーに支持されて参りました。

そのロングセラーの秘密を、紐解いてみますと・・・

 

■耐久性

ベストセラーの第一条件として挙げられるのは、高い耐久性。中古車市場では常に上位にSEROW225&250がランキングされておりました。

「耐久性がある」 と定評があるが為、 中古車でもまだまだ走れる というユーザー達の心理が、中古車相場を押し上げたのです。中古相場が高い・・・イコール、下取り&買取額が高い・・・という図式が成り立ちます。

従って、新車でSEROWを購入したユーザーは下取り&買取時に、思わぬ得をする訳です(喜)。 「人気車種ほど新車を買え」 というのは今も昔も変わりません。

どの程度の耐久力なのか・・・しかしバイクの耐久力を測るモノサシは、残念ながらありません。お客様方の事例を追うのが一番、解かりやすいか・・・

実際にYSP杉並南にてSEROWをご購入頂いているユーザー様の中に、オドメーターが70.000km台以上の方が数人いらっしゃいます。もちろん定期点検や修理、オイル交換を、皆様マメにやっています。ご職業はバイク便、業務使用をされているお客様です。

リッターバイククラス等は別ですが、一般的な使用で50.000km以上走っているお客様は、非常に少ないかもしれません。

オートバイは、細かなパーツの集合体です。すなわち、悪い箇所を交換し続けていれば、半永久的に乗って居られます。

しかし、そのような使い方をするお客様はごく稀なケースです、お金が掛かって仕方がありません。

一般的にバイクや自動車には ある程度の時期が来たら乗り替え という感覚があります。大きな修理が訪れた時などが、その時です。

言うならば、新車から ある程度の時期  までが、バイクの耐久期間と言えましょう。新車から ある程度の時期 までが短ければ耐久性が悪く、また ある程度の時期 までが長ければ長いほど 耐久性が高い という事になります。当店にてご購入頂いたSEROWの中で、バイク便以外のお客様は、ある程度の時期 はまだまだ先であります。ストレートに言い直しますと、SEROWの新車を乗り潰す事は困難であり、それほど耐久性の高いバイクだという事でございます。

 

■林道走行・足付き性の良さ

SEROWユーザーの中には終末、林道ツーリングを楽しむお客様が大勢いらっしゃいます。「マウンテン・トレール」とサブタイトルが付いているくらいで、林道や山道を安心して楽しめます。

フルスケールのオフロードバイクに比べ、車体が少々小振りな為、大変に足付きが良く、とっさの時にしっかりと足をふんばる事が可能です。林道や山道は平坦な道が少なく、車体バランスを崩す事が日常茶飯事です。従ってSEROWの車格&足付きが林道走行にバッチリ合っており、 山を楽しむ為に開発されたバイク  と言っても言い過ぎではありません。

SEROWを手に入れたならば、林道を思う存分楽しみましょう!

 

■低燃費

ベストセラーの条件として外せないのが、リーズナブルな維持費。保険や税金等、固定金額の節約は難しいですが、燃費は意識する事で、かなり節約が可能。SEROWの低燃費性は非常に優れものであり、高速道路走行時やツーリング等で、ハッキリとその低燃費性を体感できます。

 

■基本を学べる

ライディング・インストラクターやモータージャーナリストの方々からの評価も非常に高く、ライディングの基本を学ぶ為に、非常に適したバイクであるというコメントを多数耳に致します。

またフューエルインジェクションの採用により、オフロード走行練習時の立ちゴケ(軽い転倒)の直後に、即エンジンが掛かるのもうれしい要素の一つですね。

 

 

いろいろな観点から、SEROWの魅力をご紹介致しました。

そのオールラウンド性、経済性、耐久性の理由から、上級ライダーもビギナーの方も、安心して乗れるバイクとして皆様方に支持されて参りました。

今後、姿かたちが変わったとしても、SEROWのコンセプトは変わらないでしょう。

 

 

いつまでも、愛され続けるロングセラー。 ヤマハ SEROW250

 

 

 

 

CIMG0866.JPG
ヤマハバイク

 

オフィシャル

お問い合わせ

<<前のバイク情報へ  │  次のバイク情報へ>>

Facebook