ドラッグスター1100

ds11 400.jpg

ds11 200.jpg  キャラクター  シャープな曲線をキープしつつ、シンプルな中にもクルーザーの迫力は損なわない存在感が魅力です。
ポジション  クラシックに比べて絞られたハンドルは、開放感の中にもシャープなフィーリングを感じます。クルーザーならではのリラックスポジションで快適ライディングをどうぞ。
ワインディング  アメリカン&クルーザージャンルの中でも、コーナーリングの良さは自他共に認める素晴らしさ。峠が楽しみなりますよ!
ステイタス  正統派クルーザーの中でも、少々アウトローな匂いが魅力です。ブラックがその雰囲気を更に高めます。

そのお客様はワイルドな感じがした。

服装や身に付けているものが、そう感じさせたのかもしれない。

 

「似合う/似合わない」

という永遠のテーマがあります。 

自分が好きなものは他人が見ても、大体が似合っているというものです。 

そのお客様はまさにワイルドな感じがしました。

クルーザーコーナーをじっと見入っている。

「よし」と意を決したように、こちらに目を向けるお客様。

「このバイク、ちょっとまたがらせてくれる?」

指差したのは予想通りクラシックではなく、DS11(通称スタンダード)であった。

 

以前何かで読んだ記憶があったのが、プロ野球選手の中に「セリーグ顔」と「パリーグ顔」があるという。なるほど、そう言われるとそうかもしれない、オートバイにもそれが言えるのです。

やはりクルーザー&アメリカンが好きなお客様がそれにまたがると、何とも雰囲気がマッチいたします。

正統派アメリカンの中でもさり気ないシブさとアウトローな感じ、流行のフレーズで表現をさせて頂けば「チョイワル」といった所でしょうか。 

ソフトドリンクではなくブラックコーヒー、ライトポップスではなくガンガンのハードロック、早朝よりも真夜中が似合う・・・

 

そんなハードボイルドな方向性のクルーザー、ここにあり。

 

ヤマハドラッグスター1100。

 

 

ヤマハバイク 

オフィシャル

お問い合わせ

<<前のバイク情報へ  │  次のバイク情報へ>>

Facebook